Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [No Tag]

エトーとアンリの共存

エトーとアンリの共存

バルセロナの攻撃陣すげー、とばっかりも言ってられない。
正直エトーは放出される、もしくはエトー自身が出たがる気がする。
今のところは大きな動きはないが放出するにスーパーヒトシくん。

それでは、もしエトーとアンリが共存するのであれば・・・

もともとアンリは左サイドからのプレイを得意にしている。過去のゴールシーンを
思い出しても、昔懐かしいデルピエロゾーンじゃないが、左45度ぐらいから、
巻くようなシュートを多く決めている。
現代サッカーにおいては中盤がかなりコンパクトにされているので、勝負が
できる箇所はサイドがメイン。サイドは1vs1になりやすいから。
アンリもそこでのプレイが多い。

同時にバルセロナでのロナウジーニョのプレイも左サイドが中心。
ポジションチェンジをすることもあるが、基本は左サイド。
単純に何の打合せもなく、アンリとロナウジーニョを試合に出したら、
左側でひっかかってしまう。とすると、アンリが中央、右に行くか、
ロナウジーニョが行くか。
パリではセンターでプレイしていたロナウジーニョ。基本的に真ん中での
プレイが好きだと本人も言っている。

エトーは真ん中で構えるプレイヤーではなく、ロナウジーニョ、+右サイドの
プレイヤー(メッシ、ジュリ)とポジションチェンジを繰り返しながら点を取る。
右、左あまり気にしている様子はない。

じゃ、ロナウジーニョは好きな真ん中でプレイしてもらって、アンリ左、エトーが
トップでいいじゃないか。

    エトー
アンリ、ロニー、メッシ
 デコ イニエスタ
左SB テュラム プジョル 右SB
    Vバルデス


※ファン・ブロンクホルストがフェイエ復帰
※サビオラ、モッタ、ザンブロッタ、グジョンセンは移籍のウワサ


中盤が前がかりすぎて怖いな。ロナウジーニョはあんまり守備しないし。
シャビやマルケス、ヤヤ・トゥーレをどう使っていくか。
あとサイドバックの補強が必要ですね。

なんにしても強そうだが、脆そうで怖い。







スポンサーサイト
  • [No Tag]

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバックURL
http://yoyogikoen2.blog80.fc2.com/tb.php/86-9862fd16

Menu

プロフィール

yoyogi

Author:yoyogi
どうもkamesmaです。プロジェクトマネージャーとして働く@新宿です。Twitterはhttp://www.twitter.com/kamesma




ブログ カウンター

カレンダー

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

AdSence


SEO対策:BBC SEO対策:ニュース SEO対策:代々木
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。